top of page

世界中にハーモニーストーンを建てることについて

11月30日

ニュージーランドにハーモニーストーンを建てるセレモニー

ニュージーランド 12:00 Start 日本時間 am8:00

ー テーマ ー

新しい始まりの儀式 来たるべきあたらしい世界のために扉を開く

これまでの流れ


4月29日フランスの地にハーモニーストーン(祈りと調和の石)を建てた後 グレイトスピリットから「龍の目をかたどった石を探せ」と言われていた MiccoとKazuは6月21日夏至の日にニュージーランドを訪れた。 石は、ニュージーランドで出会った マオリとハワイの部族が大切に持っていたものだった。 いつか来る日本人のために。 マオリ族の言い伝えではこの石が日本人に託され シャスタ山へと旅立つと予言されていた。 6月21日のニュージーランドでのセレモニーを経て、 龍の目の石はマウントシャスタに運ばれ、 この地を守ってきたウィネメン族の長へと渡り、皆の祈りの石と共に 10月11日 ビーコンオブホープ(希望のかがり火)となった。

ビーコンとは篝火(かがり火)の事 みんなの祈りの石一つ一つが篝火となり 祈りの光が世界中を照らし、皆の元に届く狼煙となる



ビーコン・オブ・ホーププロジェクトとは 世界9か国の先住民の土地へ訪れて祈りの場を作り、 その土地の先住民の方たちと共に祈るプロジェクトのこと。 ハーモニーストーンがビーコンとなり

世界に調和を生み出していく

これまで”塔”と表記していましたが、シャスタの先住民族の方から 塔というよりビーコンのほうが良いというアドバイスをいただき プロジェクト名を変更しました。内容はそのまま変わらず 世界中に9個のハーモニーストーンを建てるというプロジェクトです。

閲覧数:122回

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page